スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロード

P1010486.jpg
天気が悪くて写真を撮りにいけない今日この頃。
風強いわ雨降るわで、紅葉前に葉っぱが落ちてしまった。
撮りに行けねえなら。ふと、カメラを買った頃の写真を眺めてみる。

僕のカメラの原点は大学時代だった。
パナソニックLX-3を愛用していたんだけれども紛失してしまう。
GH2を買ったのは5年前。
この写真は、元勤め先の北見から地元旭川へ帰り、愛犬を何度も撮った時の一枚だ。

今はソファに登ることができない。
毛は薄くなった。耳も遠くなって、ときどき目の焦点が定まらなくなる。
名前を呼んだらこちらを向いてくれて、などという芸当は無理難題になった。
そういえば、ソファの色が変わったな。手前のテーブルも新調した。

5年の月日というのは、わりと物事を変えていた。
なんでもないような写真に幸せを感じる。
なんでもないようなことが、幸せだったと思う。
なんでもないような夜のこと、二度とは戻れない夜♪

…と、高橋ジョージに気を取られてしまったけれども
つまるところ何が言いたかったかというと
カメラの趣味を持っていてよかったなあ、ということである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名前:yuta.d
年齢:28
居住:北海道旭川市

2010~2013
Panasonic GH2

2013.12.21~
PENTAX K-3
(2014.06.05売却)

2014.06.05~
Nikon D610
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。